ABOUT US



ABOUT USメニュー

 1. 団の歴史   

 2. 団の施設   

 3. 信仰について   

 4. 創始者・ベーデン・パウエル 最後のメッセージ   

 5. BS・GS紹介 動画集



1. 団の歴史

私たち、ボーイスカウト粕屋第1団とガールスカウト福岡県第17団の歴史です。

2. 団の施設

歴代の教会長先生の少年少女育成への強い願いにより、他の団には見られない充実した環境の中で活動させていただいています。

3. 信仰について

ボーイスカウト・ガールスカウトでは、各人がそれぞれ明確な信仰を持つことを奨励しております。

進級システムの中でそれぞれ宗教をテーマとした課目があります。

ボーイスカウトの宗教章(仏教章・神道章・キリスト教章・金光教章・世界救世教章)、信仰奨励章、ガールスカウトのエイド(宗教の探求)などがそれにあたります。

私たちの団では、金光教久原教会が育成母体ですので、当然ながら信奉者のお子様が多いです。

集会の中で金光教としての礼拝の時間や、「教話」という教職者による『人間としてのあり方』のお話の時間を設けさせていただいております。(金光教久原教会の教職者は全てスカウト出身あるいは現役リーダーです。)

道徳教育の一貫として行なっておりますので何卒ご理解ください。

これにより信仰を強制するものではなく、改宗などの強要は全くありません。


最後に、金光教のみ教えをご紹介させていただきます。

***天地書附(てんちかきつけ)***

生神金光大神(いきがみこんこうだいじん)

天地金乃神 一心に願(てんちかねのかみ いっしんにねがえ)

おかげは和賀心にあり(おかげは わがこころ にあり)

今月今日でたのめい(こんげつこんにちで たのめい)


※生神金光大神とは教祖のご神号(名前)です。また、天地金乃神はご祭神のお名前です。

 おかげ・・・物事の結果について、他者の援助を指し、その援助があったためにこのような結果がもたらされた、

       という意味で用いられる表現。(実用日本語表現辞典より)

 和賀心・・・和らぎ、賀(よろ)こぶ心。「我が心」と懸けてあり、おかげというものは自分の心次第です。

       と教えられています。


***食前訓***

「食物(しょくもつ)はみな、人の命のために天地乃神(てんちのかみ)の造り与えたまうものぞ。

 何を飲むにも食べるにも、ありがたくいただく心を忘れなよ。」

***食後訓***

「体(たい)の丈夫を願え。体を作れ。何事も体がもとなり。」


***四代金光教教主の御歌***

「ちちははも 子どもとともに生まれたり 育たねばならぬ 子もちちははも」


お父さんもお母さんもわが子が生まれたからこそお父さん・お母さんになれたのです。

わが子の成長を望むのと同じように、お父さん・お母さんとして成長しなければいけません。


***久原教会初代・阿部マツ師の教え***


「空気一杯が神の姿」


空気は目には見えませんが、生物が生きていくためには欠かせません。それと同じように、神様は目には見えませんが生きていくためには欠くことはできません。」と教えられました。

4.創始者・ベーデン・パウエル 最後のメッセージ

                     ※ガールスカウト日本連盟ではベーデン・ポウエルと表記


スカウト諸君

「ピーターパン」の劇をみたことのある人なら、海賊の首領が死ぬ時には、最後の演説をするひまはないにちがいないと思って、あらかじめその演説をするのを、覚えているであろう。

私もそれと同じで、今すぐ死ぬわけではないが、その日は近いと思うので、君たちに別れの言葉をおくりたい。

これは、君たちへの私の最後の言葉になるのだから、よくかみしめて、読んでくれたまえ。

私は、非常に幸せな生涯を送った。それだから、君たち一人一人にも、同じように幸福な人生を、歩んでもらいたいと願っている。

神は、私たちを、幸福に暮らし楽しむようにと、このすばらしい世界に送ってくださったのだと、私は信じている。

金持ちになっても、社会的に成功しても、わがままができても、それによって幸福にはなれない。

幸福への第一歩は、少年のうちに、健康で強い体をつくっておくことである。そうしておけば大人になった時、世の中の役に立つ人になって、人生を楽しむことができる。

自然研究をすると、神が君たちのために、この世界を、美しいものやすばらしいものに満ち満ちた、楽しいところにおつくりになったことが、よくわかる。

現在与えられているものに満足し、それをできるだけ生かしたまえ。ものごとを悲観的に見ないで、なにごとにも希望を持ってあたりたまえ。

しかし、幸福を得るほんとうの道は、ほかの人に幸福を分け与えることにある。

この世の中を、君が受け継いだ時より、少しでもよくするよう努力し、あとの人に残すことができたなら、死ぬ時が来ても、とにかく自分は一生を無駄に過さず、最善をつくしたのだという満足感をもって、幸福に死ぬことができる。

幸福に生き幸福に死ぬために、この考えにしたがって、「そなえよつねに」を忘れず、大人になっても、いつもスカウトのちかいとおきてを、堅く守りたまえ。

神よ、それをしようとする君たちを、お守りください。


君たちの友

ベーデン-パウエル・オブ・ギルウェル

5. ボーイスカウト・ガールスカウト紹介動画集

ボーイスカウトの保護者インタビュー


ガールスカウトの紹介動画


ガールスカウト戸隠スカウトセンターの紹介


2015年に山口県で行われた第23回ワールドスカウトジャンボリー(23WSJ)のプロモーション動画


ガールスカウトによる「突然の停電でも役立つオレンジランプ」の作り方です。

ボーイスカウトアンバサダーの宮川大輔さんがボーイスカウトを紹介します。

2013年に山口県で行われた第16回日本ジャンボリー(16NJ)のドキュメンタリー番組です。制作は山口放送。